輝く僕らの学費

外の空気が大好き、そこそこ忙しい理系の男子大学生のぶちおです。

未分類

まずは流行りのReactに触れてみる

投稿日:

最近、多くのベンチャーでReactが使用されているのが目立つので、触れてみました。Vue.jsは簡単に触ったことはありますが、JSXなど不慣れな部分が多いので少し勉強してみます。

Reactについて

React、リアクトって読みます。
JavaScriptのフレームワークで、フロントエンドで最近輝いている。

簡単にReactプロジェクトを作成できるcreate-react-app

Facebook製のツールらしい。

導入

sudo npm install -g create-react-app

プロジェクトの作成

create-react-app {新しいプロジェクト名}

ここで、トラブル

まず、Node.jsのパスが通っていなかったので、create-react-appコマンドが使えなかった。さくっとリンクしてあげる。

ln -s /usr/bin/nodejs /usr/bin/node

create-react-appを実行すると

数分ぐらいかかってましたが「Happy hacking!」の表示、これでベースとなるプロジェクトが準備ができました。

動作させてみる

指示通り、作成されたreact2で、npm startをすると、次のようにサーバが起動し、そこに表示されたアドレスで実際に動作させることができます。

cd react2
npm start

実際には、自動でブラウザが立ち上がりました。

src/App.jsにメインのコードが書かれています。

ソースコード

import React, { Component } from 'react';
import logo from './logo.svg';
import './App.css';

class App extends Component {
  render() {
    return (
      <div className="App">
        <div className="App-header">
          <img src={logo} className="App-logo" alt="logo" />
          <h2>Welcome to React</h2>
        </div>
        <p className="App-intro">
          To get started, edit <code>src/App.js</code> and save to reload.
        </p>
      </div>
    );
  }
}

export default App;

jsにHTMLが突っ込まれてるっぽいけど若干違う感じ、そのうち慣れるんだろうな。
React使ってる自分がかっこいいので、頑張ります。

あるWebアプリが、現状ほぼCSSだけのレスポンシブなので、Reactでパフォーマンスやサクサク感の向上を目標としてスキルを身に着けていく!
React+Reduxのスキルとして学んでいく。

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

[PHP]CodeigniterとIon Authでセッションが保持されない

どうも、Codeigniter3のセッションIDがアクセスごとに変わってるっぽくてセッションが保持されないようだ。

no image

TOEIC300点から450点を目指して対策してみます!

「TOEICでスコア300点」という思っていた以上に低い点数をとってショックを受けたので、勉強して450点を目指すチャレンジを始めます!

no image

GCE(CentOS7)でLet’s Encryptを設定してhttpsを使用できるようにする

GCEの環境整備を進めています。今回は、ドメインの設定とLet’s Encryptを利用した無料httpsの設定です。

no image

MacBook Pro 2018を買ったことと、USキーボードの使用感が最高な話

MacBook Pro 2018年の新モデルを購入しましたので、学生のAppleローンでの購入の流れなどを書きます。あと、USキーボードにカスタマイズして良かったって話。

no image

少し戸惑ったAWS Loft Tokyoへの行きかた入りかた

今月オープンしたばかりの「AWS Loft Tokyo」へ行ってきました。 初めて行きましたが、若干どうやって入っていけばいいか分からなかったので、記事にします。 AWS Loft Tokyo AWS …