輝く僕らの学費

外の空気が大好き、そこそこ忙しい理系の男子大学生のぶちおです。

未分類

Herokuの無料枠でPHP+MySQLをGitデプロイする、つもりが…課金発生

投稿日:

Herokuの無料枠を活用して、PHP + MySQLの環境を構築しました。

アカウントの登録

HerokuのWebサイトからアカウントの登録をする。

Account settingsのbillingからクレジットカードを登録しておくと、活用の幅が多少広がる。

アドオンでMySQLを使えるようにする

appのResourcesタブのなかの、Find more add-onsから「ClearDB MySQL」を選択します。

この通り無料で使えます。

ホスト名、ユーザ名、パスワードの取得

appのSettingsタブのなかの、Config Varsから確認できます。

Reveral Config Varsで内容が表示され、CLEARDB_DATABASE_URLに設定されている「mysql://」から始まる値を使います。

次のようにフォーマットされているので、必要に応じて分解するなどして使えます。
mysql://ユーザ名:パスワード@サーバ名/データベース?reconnect=true


phpMyAdminの複数ホストの管理

普段使っているphpMyAdminでサクッと接続を確認したかったので、以下のページを参考にホストを選択してログインできるように設定しました。

Heroku CLIを使ってHeroku gitにデプロイする

普段はめちゃカッコいいGitクライアント、GitKraken使ってて、むしろそれしか使ったことなかったから、コマンド操作に抵抗ありました。

でも、Heroku Gitがベターな方法みたいだったし、新しいことに恐れずに挑戦です。

Herokuのデプロイページにある4行のコマンドだけで本当にデプロイできました。

$ heroku login

$ git add .
$ git commit -am “make it better”
$ git push heroku master

理解は後に置いといて、とりあえず、手順として順番に打ち込んでいくとデプロイできます。

流れ

1. Herokuにログインするコマンド

2. 今開いてるディレクトリのファイルをすべてGitでステージング。Gitでの取り扱い対象ファイルにするみたいな感じ。

3. 変更にタイトルをつけてコミット

4. その変更をHerokuにプッシュ。アップロードされ、コンパイルされます。

え、課金された!?

こんなメールが届きました。

料金の支払いが発生し始めましたって内容でした。

URLに沿ってアカウントページで確認してみると、

ああ、これ。一応やり方検討しておくか。こんなもんなら、別にいいかって気もしてますが。

価格ページでも確認できました。多分これのことでしょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

いま使っている松井証券と楽天証券の各手数料のまとめ

楽天証券が2017年末あたりに手数料の改定があり、使う機会も出てきそうなので、いま使っている松井証券の手数料等と一緒にまとめておく。

no image

SSHで認証用鍵使ってGitやAWSを使う

GitのプライベートリポジトリからCloneするときなどに使う公開鍵の生成、設定。また、AWSに秘密鍵を使ってSSH接続する手順。

no image

DigiAna-EX-BMP

100 100  200  500  800  900  1000  1100  再100 再200

no image

MacBook Pro 2018を買ったことと、USキーボードの使用感が最高な話

MacBook Pro 2018年の新モデルを購入しましたので、学生のAppleローンでの購入の流れなどを書きます。あと、USキーボードにカスタマイズして良かったって話。

no image

Sandy Bridgeの頃はいくらでPC組めたのか

部屋の整理していたら、中学生の頃に初めて自作PCを組んだときのレシートが出てきたので、当時いくらぐらいでPC組んだのか、ここに残しておくます。